三次元測定機の定盤上で操作

(注意:ここで書かれていることを行うと装置がメーカーの保証対象外になる可能性があります

実施されるときはメーカーとよく、話をし、承諾を得てから行うことを強くお薦めします

また、ここに書かれたことを行なったことによる責任等は、当方では負えません

あくまで実施する際は自己責任にてお願いします)

12月18日にiPad Pro 12.9を買いました

買った理由の一つに三次元測定機の操作するとき

PCの画面を見る必要があり、

その際に、目線を測定物から離さなければならない

そこで、目線を測定物から離さなで

PC操作ができないかと前から考えていました

そのための方策としてiPad Pro 12.9を導入して

定盤上で(目線を測定物から離さずに)操作できるかの

テストをしようと思ったからです

iPad Pro 12.9を購入する前に、iPad miniを所有していました

iPad miniでMicrofoft社の純正のRemote Desktopを入手して

テストを既にしていましたが

やはり、画面が小さいので表示範囲が小さくて

操作しずらかったので

もう少し、画面の大きいものでテストしたかったので

購入をすることにしました

Calypso円要素の角度指定

Calypso円要素の角度指定

Calypsoで円要素を自動処理で指定すると開始角度を円要素内で指定できます。
また、円要素で開始角度に指定した数字が自動処理側に反映します。
しかし、円要素で測定範囲の角度を円要素内で指定しても自動処理側に反映しません。
一度、測定計画の編集内に入って編集する必要があります。

PH10でのエラー復帰

PH10でのエラー復帰

PH10での姿勢制御のときにエラーがでて、プローブが
作動しないときがあった場合、
プローブの位置を動かさず、測定ソフトを終了し、
制御装置の電源を通常の手順で切ります。
少し時間を置いて(瞬電は電気回路の故障する可能性があるのである程と時間をおく)
電源を入れるPH10が正常動作します。
電源再立ち上げでも復帰しない場合はメーカーに相談されることをお勧めします。